ライトノベル

小説版『とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)』感想(2016年03月09日〜 05月14日)

とある魔術の禁書目録×電脳戦機バーチャロン とある魔術の電脳戦機 (電撃文庫)作者: 鎌池和馬,カトキハジメ,はいむらきよたか,竹出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス発売日: 2016/05/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (10件) を見る…

台湾ラノベ翻訳姫氏( https://twitter.com/harakoatom )による嫌がらせについて

現在Twitter上で、あままこ氏(id:amamako https://twitter.com/amamako?s=09 )の、現実の社会問題が扱われているので台湾のラノベは日本よりも「進んでいる」、といった主張をめぐって、主にわたしとあままこ氏との間で論争、のようなものが起こっています…

ロードス島戦記は「ラノベ」か「ハイファンタジー」か問題、総括

数日前のとあるツイートをきっかけに、20年以上前に刊行されたひとつの小説がにわかに話題になった。その名は『ロードス島戦記』。四国によく似た呪われた島ロードスを舞台にした、剣と魔法と尖り耳エルフの壮大な異世界ファンタジーだ。 (角川スニーカー文…