い(い)きる。

生きることは言い切ること。

決定版 ラノベ・なろう関連情報収集にオススメのTwitterアカウント

90年代初頭から大きく発展した若年男性をメインターゲットとする小説カテゴリーであり、今ではアニメ原作にも多く採用されているライトノベル

最大手のweb小説投稿サイトとして、膨大な書籍化作品が生まれ続けている「小説家になろう」。

互いに密接な関係を持つこれらの分野はどちらも急速な発展を遂げ、個人ではその全貌を把握するのが不可能なほど大きな規模となっています。そのため、ネット上にはラノベ・なろうに関する無根拠で刺激が強いだけのいい加減な情報が氾濫していることは、皆さんもよくご存知でしょう。

そんな状況で、ラノベ・なろう読者や作家志望者、あるいは興味だけはあるが手を出しかねている部外者たちは、情報の洪水に溺れて目を回し続けるしかないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。信頼できるソースからだけ情報を受け取れば良いのです。

ここではわたしが厳選した、ラノベ・なろう界における良質な情報源たりうるツイッターアカウントを紹介します。


うっぴー/ライトノベル法研究所 (@ranokenn)


2004年から続く老舗の創作・交流サイト「ライトノベル法研究所」(以後「ラ作研」)の管理人であり、ラ作研名義の著書も刊行。

ライトノベル創作教室

ライトノベル創作教室

専門学校講師の経験もあり、近年は作家志望者・プロ作家向けオンラインサロン「エンタメノベルラボ」を、作家・シナリオライター瀬川コウ氏と共に運営するなど、活動の場を更に広げています。


そんな多才なうっぴー氏のツイッターアカウントは、長年の研究と業界関係者との繋がりに裏打ちされた、なろう・ラノベ関連のしっかりした情報をほぼ毎日発信しています。サイト名に「作法」を掲げるだけあり、自由度の高さが特徴とされるライトノベルが、実のところ非常に「不自由」なジャンルなのだという真実を突きつける鋭い内容が多いですね。残酷なようですが、特に作家志望者にとっては大きな糧になるはずです。




また、ライトノベル・なろうだけでなく、BLなどの他分野にも造詣が深いようです。ラノベやなろう関係に限らず幅広く知的な洞察を読むことができるので、気軽にフォローしてみるといいでしょう。

正直なところ、このうっぴー氏の活動を追うだけで現在のラノベ・なろう業界の動向は90パーセントぐらいは把握できてしまいます。ラノベにさほど興味がないのなら、とりあえず@ranokennをフォローしておくのが最も効率がいい選択です。とはいえ、情報は複数のソースを突き合わせることも重要。やはりその他のアカウントも簡単に紹介しておきますね。

いかぽん@魔術学院を首席で~4巻7月30日発売予定(@ikapon1)


なろう書籍化作家。デビュー前から盛んにラノベ論・創作論を語っていました。



紅茶乃香織@ラノベ作家『私、勘違いされてるっ!?』発売中!(@shosetsuyomitai)


私、勘違いされてるっ!? ~最強吸血鬼と思われているので見栄とハッタリで生き抜きます~

私、勘違いされてるっ!? ~最強吸血鬼と思われているので見栄とハッタリで生き抜きます~

なろう書籍化作家。



青木潤太朗 (@aokijuntarou)


インスタント・マギ (NOVEL0)

インスタント・マギ (NOVEL0)

漫画原作者ラノベ作家。

ちなみに、コミケ終了後にコスプレ乱交パーティーへの参加(見学)経験あり。コンドームのサイズはL。

MG 1/100 XXXG-01D ガンダムデスサイズ EW (新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)

MG 1/100 XXXG-01D ガンダムデスサイズ EW (新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)

とびらの@鮫島くん完結したで(@tobiranoizumi)


なろう文字書き。小説はほぼ無名ですが、ツイッター上の創作論・読者論には積極的に参加しているようです。上で紹介したいかぽん氏と仲がいいらしく、思想もだいたい似ています。

いかがでしたか。これらの優良アカウントを一通りフォローしておけばそれだけで、控えめに言っても「なろう・ラノベの大先生」と呼ばれるにふさわしい事情通となることができます。ぜひ一度お試しください。