い(い)きる。

生きることは言い切ること。

id:hokke-ookami 氏へのお返事


(コメント欄)

 id:hokke-ookami

半年遅れになりましたが、楠本氏をめぐるツイッターの問いに対して、一応の応答エントリを書きました。
https://hokke-ookami.hatenablog.com/entry/20191103/1572777249

それで、このエントリを読んで首をかしげたのですが……

>「“現代では当然の”フェミニズム的価値観」というなら、現代を自分たちの時代として生きている若者が比較的多いはずの「未熟な新人」よりも、むしろベテラン作家の方がそこから逸脱してる可能性は高そうじゃない?

上記はひとつの推論として成立していると思いますが、下記の主張と微妙に衝突していませんか?

小川一水氏の方は、新人賞応募作の話なのでまだ分からなくもないけど、こっちは同じプロ作家たちに対してのお言葉だからね。ここまでゴーマンかまして大丈夫なのかな。

プロ作家ほど意識が遅れている可能性があるのであれば、新人よりも既存のプロに呼びかける楠本氏は、srpgloveさんの主張からすればむしろより妥当ということすらいえませんか?

衝突していませんし妥当ではありません。

わたしは一貫して、作品が「現代では当然のフェミニズム的価値観」に沿った内容であるかどうかを作家としての「未熟」さの問題に還元してしまうことに反対しています。

小川一水氏も楠本まき氏も、それぞれ「性的不均衡に無関心」であること、「ジェンダーステレオタイプマニュファクチャラー」であることを作家の「未熟さ」の問題として扱っており、それは不当な態度だというのがわたしの主張です。そして、未デビューの新人ですらなくプロ作家を対象にしている分、楠本氏の発言の方がその不当さの度合いがより高い、ということです。「プロ作家ほど意識が遅れている可能性がある」かどうか(「遅れている」という言い方はわたしはしていませんが)は関係ありません。

加えて言うなら、楠本まき氏の物言いは他の作家の創作姿勢に対する敬意をあまりに欠いているように見えます(トーンポリシングでしょうか?)

もう一度引用しておきますね。


大体のジェンダーステレオタイプマニュファクチャラー(私の造語です)は、自身のジェンダーバイアスに気づかずに、特になんの疑問も持たず描いているのだと思います。それはまことに残念なことだけど、作家として公に発表している人だからといって、環境や経験値には個人差があるだろうから、意識が及ばなかったとしてもある程度仕方がない。作家に責任はあるが、間違うことだってある。今まで気づかずうっかり自己の偏見をそのまま垂れ流してきてしまっていたとして、たとえば担当さんに言われて初めて気づいたら、そこで悔い改めるなり恥じ入るなり、身悶えして変わればいいじゃない。誰もそれによって傷つかないし、困らない。祝福だってするだろう。

そもそもこの部分を、特に挑発的だとも傲慢だとも感じないのであれば、わたしに言えることはもはや何もありません。

以上です。