い(い)きる。

生きることは言い切ること。

イキリオタクのイキる道

これらのツイートに賛同する形で、はてなブロガーの「あままこ」こと天原誠( id:amamako @amamako )氏が、こんな記事を投稿しました。

要約すると、「『辛口批評』とは、大衆に媚びたメジャーな文化になじめないごく一部のセンスのある人々がアイデンティティを確立するために必要なものであるから許容すべき」という主張のようです。

ほとんどの場合、大衆に売れるということと、真に価値のある優れた作品であることは二律背反です。大衆というものは「より性的に扇状的であること(シコれる)」とか「爽快感がある暴力(メシウマ)」とかみたいな、単純に快楽になるものしか理解できません。ちょっとでも複雑であったり、二面性のあるメッセージを投げかけるだけですぐ「つまんねー」と投げ出します。そういうのを理解できるセンスのある人というのはごく僅かなのです。

そういうごく僅かのセンスある人達がいくら「この作品は駄目だ!」と叫んでも、大衆にはそういう作品こそが売れるわけで、批評には、コンテンツを変える力なんかまるでないのです。

では、批評にコンテンツを変えることが不可能だとしたら、批評なんてせずに、それこそ「定型文と画像で褒め合うクソみたいな学級会文化」に浸るしかないのでしょうか?

ですが、これは僕がかつてそうだったからこそ言えるのですが、そういうコミュニケーションで満足できず、「自分の見た作品が、どういった点から優れているか/劣っているか」ということを考えて、言葉にしたい人というのも、世の中には一定数いるのです。

そういう人は大体の場合、世間の大多数に売れている、メインカルチャーに属する作品になんとなく違和感を感じています。そしてこう思っています。「なんで世の中の人はこういう作品が好きなのに、自分は好きになれないんだろう」と。そしてその事に対し何故か後ろめたさを感じ、その後ろめたさを何とかするために「いや、自分はこういう理由でこの作品が嫌いなんだ。だからこの作品を自分が嫌いなのは正しいんだ」と、理論武装をするのです。(別に誰にもそんなこと求められてないのに)

それこそが「辛口批評」の正体なのだと僕は思います*1。そして、そういう言葉を紡ぐこと自体は、ある時期には必要なことなのだと思うのです。

例えば、僕は記事の最初にいくつか過去に書いたアニメ批評を載せました。これらの記事は、たしかに素っ頓狂かもしれません。ですが、今読んでもそこには、自分のアイデンティティーをいかに形成しようか、その苦闘の痕跡が見えるのです*2。

びっくりするほど恥ずかしい自画自賛だけど、実際そう思うから仕方ない

そうなんですね。勉強になります。

さて、実のところこういう感じのことを言い出す人はネットではぜんぜん珍しくありません。

最近見かけた例ではこんなのがありました。

ガンダムという超メジャーコンテンツの小説版や田中芳樹京極夏彦が好きな程度のことで「メチャ偏ってます」と言い切っている内容はともかく、カッコの使い方は非常に独特ですね。

こういう、良くも悪くも自分をひどく特殊な少数派だと思い込んでいる(実際は掃いて捨てるほど「仲間」がいる)オタクのことを、わたしは「イキリオタク」と呼んでいます。本来の用法とは若干ズレているかもしれませんが、このエントリ内での「イキリオタク」は全てこの意味だと思ってください。

諸事情あって、このようなイキリオタクの方々を長年眺め続けてきて、どうもこの人たちは何か勘違いしているんじゃないかな?と思うことがあります。

イキリオタクは、メジャー文化を無批判に受け入れている「大衆」と、そこに違和感を覚える自分たち(センスから生まれたセンス太郎)の間にいとも簡単に線を引きますが、その区分はそんなに絶対的なものでしょうか?

ある超超超メジャー作品、今ならたとえば鬼滅の刃?とかをめちゃくちゃ好きな人がいたとして、同じ人が別の現役超超超メジャー作品、たとえば進撃の巨人は死ぬほど嫌い、という状況は簡単に想像できるでしょう。また、マンガは鬼滅を読みながら、音楽はZUNTATAの「電脳皇帝」*1を聴いている人だっているかもしれません。

電脳皇帝 (Stage5 Area20)

電脳皇帝 (Stage5 Area20)

  • 発売日: 2013/11/13
  • メディア: MP3 ダウンロード

あらゆるメジャー文化を分け隔てなく享受し、また、好きなものの中にマイナー文化が一切含まれない理想的な「大衆」は、むしろ少数派なんじゃないかとすら思えます。

そして、マイナー好きでマイノリティでセンスマンを自認するイキリオタク(イキリオタクはなぜか「センス」という言葉を好みます)にしたところで、メジャー作品の中に素直に好きと言える作品がただの一つもないという人は、そんなに多くはないでしょう(まあこれには、たとえメジャー作品を愛好するとしても大衆とは消費のし方が違うのだ!といった反論が返ってきそうですが、それを言うなら「大衆」によるメジャー作品受容だって、やはり実際は色んな形があり得るはずです)

こういう、

(自分の中にも大なり小なり「大衆」性が確実に存在するんだろうな)

とか、

(自分の目には「大衆」にしか見えない人々にも、解像度を上げればそれぞれ「大衆」からはみ出す部分があるかもしれない)

とかいった反省が一っっっ切なしに、自分自身とは完全に切り離された形で「大衆」という言葉を軽々しく使ってるのを見ると、さすがに背筋がゾッとしてしまいますね。

再度引用します。

大衆というものは「より性的に扇状的であること(シコれる)」とか「爽快感がある暴力(メシウマ)」とかみたいな、単純に快楽になるものしか理解できません。

無知蒙昧なる「大衆」と、それとは根本的に異なる自分(たち)という、セカイ系も真っ青の単純素朴なセカイ観。「選民思想」と大書きされてるような選民思想

今は21世紀で令和ですよ。失礼ですが、お嬢様はいつの時代の貴族様でいらっしゃいますか?

謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)

謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)

いや、まあ、分かりますよ?同級生とは話が通じないし、今の売れ線作品よりも過去のマニアックな作品の方が好みに合うし、ときどき封印された右腕が疼くし、オレってもしかして〝特別〟なのでは?とつい思ってしまうことは、そこそこ自然な心の動きだとは思います。人間(特に中高生)にとっての世界が、自分の半径10メートルで完結してた90年代ぐらいまでなら。

でも、誰でも気軽にネットに接続してググることが可能になったその時点で即座に、あ、オレ、もしかして……ぜんぜん特殊な感性してないな!?って気づくものではありませんか?普通は。

イキリオタクの人々は、自分と似たようなことをやったり考えたりしてる人は世の中にいくらでもいるし、往々にして自分よりもずっとずっとレベルが高い、という事実にぶつかって、絶望を感じたことがないんでしょうか。似たようなものが世界にいくらでもある中で、それでもありふれた一山いくらの安っぽい「この自分」の感性を大事にしたい、という姿勢ならともかく(わたしのスタンスはこれに近い)

なぜイキリオタクの人たちは、ここまで無邪気でノーテンキに「自分」の価値を信じられるのか。多少のパラフレーズはされてるにしても、言ってることが要はまとめサイト的な感性そのまんまだったりすることも少なくないというのに(おもしろいことにそれを言う当人はまとめサイトを嫌っていることが多い)

さすがに……さすがに、頼むから身の程を知ってくれ、と言いたくもなります。



まあ色々言いましたが、書きたければ今でも自由に書けばいいと思いますよ、自分(イキリオタク)のアイデンティティをどうこうするための「辛口批評」。別に法律で禁止されてるわけではないんだから。実際、わたしの目からは現在でもわりと活発に行われてるようにも見えますけどね。

ただ、それが世間に受け入れられなかったからといって、オタクの軟弱化が〜とか、「シコれる」と「メシウマ」しか理解できない大衆が〜とか逆ギレし出すのだけは絶対にやめてくださいね。イキることは全て自己責任でお願いします。

そもそも、作品批評は「辛口批評」と「○○はいいぞ」の二択なんかでは全く無いので、たとえメジャー文化に対する強い違和感を吐き出す場合でも、わざわざ「辛口批評」という形を取ることに必然性はほとんどないと思いますね。やっぱり根本的に、火遊びがしたいだけなんじゃないの?(ここに関してだけは人のことは言えない)



最後に余談ですが、あままこ氏( id:amamako @amamako )は、アイドルマスターというものがお好きなのだそうです。

 

あいますといえば、隆盛を極める我が国の2次元アイドルコンテンツの中でも、頂点と言っていいほどの超超超超超メジャー作品。「メインカルチャーに属する作品になんとなく違和感を感じてい」るあままこ氏がそんなプロレの餌を愛好していらっしゃるとは意外です(「「でもこういう穿った見方すればメインカルチャーも楽しめるじゃん」という風にうまく軟着陸させ」た結果かもしれませんが)

ちなみにわたしは、あいますの関連作品に一つも触れたことがありません(及川雫の同人誌以外は)

別に、「メインカルチャーに属する作品になんとなく違和感を感じてい」たわけではなく、なんとなく縁が無かっただけです。

わたしがやったことがあるアイドルゲームといえば、『ときめきアイドル』と『スクールガールストライカーズトゥインクルメロディーズ~』ぐらいかな……(いずれもサ終→オフライン化済み)

*1:自分が最近初めて聴いて感動したというだけで、特に意味のない選曲。そんなもん全然メジャーの内だろ!という批判には、素直にごめんなさい。本当のマイナー音楽ってたとえば何?スーパーデッドヒートII?